女性にも増えている薄毛や抜け毛|原因から解明しよう

今や男性だけの問題じゃない

従来、薄毛や抜け毛の症状は男性が抱える問題だと考えられてきました。しかし、最近では女性にも薄毛や抜け毛の症状を発症する人が増えてきているのです。その原因は様々なことが挙げられますが、男性の症状とは多少違いが見られます。そのため、同じ方法で対策をしても改善できないこともあるのです。
症状を改善するにはしっかり原因を解明し、女性の薄毛トラブルにきちんと効果を発揮してくれる方法で対策を行なっていきましょう。

女性の薄毛や抜け毛が起こる理由

女性にも発症する人が多くなっている薄毛や抜け毛の症状。その大きな理由は、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことです。
女性ホルモンには、発毛を促進してくれるエストロゲンという成分が含まれています。ホルモンの分泌が減ることで、このエストロゲンの量も減ってしまい、発毛効果が得られにくくなってしまうのです。その結果、薄毛や抜け毛という症状を引き起こしてしまいます。女性ホルモンの減少は、30代半ばごろから徐々に始まります。
そして40代に入ると、極端に減ってしまいます。年齢が上がっていくにつれて、髪の毛自体もハリやコシがなくなってしまいますので、加齢による影響はとても大きいのです。女性が薄毛や抜け毛を発症する主な理由は、このように加齢に伴うホルモン機能の低下が考えられます。

女性型脱毛症とは

女性の薄毛の症状には、女性型脱毛症という名前がついています。これは、男性の症状と分けて見るためという理由があります。
女性型脱毛症の特徴としては、生え際から髪の毛が薄くなっていきます。単に薄くなるというわけではなく、髪の毛のハリやコシが失われ、一本一本が細くなってしまうことから薄く見えてしまうのです。
特に分け目部分はその傾向が顕著に表れます。そして、前頭部を中心にその症状が広がっていくのです。
男性型脱毛症は頭頂部のほうから薄くなっていくのに対し、女性型脱毛症は前頭部から症状を発症することが大きな違いとなります。しかし、中には女性で男性型脱毛症を発症する人もいますので、人によって様々な傾向が見られるのです。

様々なことから引き起こる脱毛症

女性型脱毛症とは別に、薄毛の症状を引き起こしてしまう理由はいくつかあります。一つ目は女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことです。
きちんとした食事や生活習慣を送っていないと、女性ホルモンが正常に作用しなくなります。また、出産をした後は女性ホルモンに大きく変化が見られるようになることから、薄毛の症状を発症しやすくなってしまいます
。髪の毛の成長を促すには、女性ホルモンの力が不可欠なのです。
二つ目は、甲状腺ホルモンの分泌量が減ってしまうことです。特に40代を超えると、甲状腺ホルモンは劇的に減ってしまうと言われています。薄毛だけでなく、その他にも様々な身体の異変が起こります。中でも特に、薄毛の症状を引き起こしてしまうケースが多いのです。
三つ目は、頭皮に負担を与え過ぎてしまうことです。
カラーやパーマ、シャンプーのし過ぎなどといったことを繰り返していると、頭皮はだんだん衰えていきます。頭皮の健康を守ることが、薄毛や抜け毛を防止する結果に繋がるのです。頭皮環境を改善したい場合は女性育毛剤ランキングにある育毛剤などでケアすることもおすすめです。

Share Your Thoughts